各企画内容

チケットについて 

ホーム > 各企画内容 > 第十次(2021年) > パート2 > 第十次 米子映画事変パート2~ポップカルチャーを地域の力に~

第十次 米子映画事変パート2~ポップカルチャーを地域の力に~

11月27、28日で幕を下ろしたかに思えた「第十次 米子映画事変」
その興奮冷めやらぬ12月19日、その「パート2」を米子コンベンションセンターで開催!
「王立宇宙軍 オネアミスの翼」イベントバナー

今回は、劇場アニメ「王立宇宙軍 オネアミスの翼」の上映&トークショーや、地域イベントについてゲストと語り合う2部構成。

【日時】
 2021年12月19日(日)
 10:00~16:00(予定)

【会場】
 米子コンベンションセンター 多目的ホール

【入場料】
 500円 小学生以下無料
 ※11/27・28の第十次 米子映画事変フリーパスでも入場できます

第十次米子映画事変 Part2 12月19日(日)タイムテーブル

10:00~13:50


「王立宇宙軍 オネアミスの翼」上映&トークショー

「王立宇宙軍 オネアミスの翼」

©BANDAI VISUAL/GAINAX

1987年公開
監督 山賀博之
制作 GAINAX

キミは劇場アニメ『王立宇宙軍 オネアミスの翼』を知っているか!? あの「GAINAX」はこの映画を制作するために生まれたのです!
若人の熱気と怖いもの知らずが生み出したこの作品を高画質のHDリマスターにて上映!
さらに、監督の山賀博之氏を含めたGAINAXおよびDAICON FILM関係者による、同映画制作当時の地域文化などを語るトークショーも!

トークゲスト
山賀博之(映画監督)
武田康廣(アニメプロデューサー)
MC
赤井孝美

14:00~15:50

ディカッション「ポップカルチャーを地域の力に!?」
「ポップカルチャーを地域の力に!?」 地域活性化のために開催されているイベントって、本当に地域のためになってるの?
そんな身もふたもない...否、米子映画事変だからこそ語れる、ポップカルチャーのイベントについてのアレコレを語りつくす2時間(2部構成)!

第1部ゲスト
古原奈々(声優)
高見桃子(声優)
伊吹悠(声優)

第2部ゲスト
菅浩江(SF作家)
山賀博之(映画監督)
武田康廣(アニメプロデューサー)
石毛弓(大手前大学建築&芸術学部教授)

MC
赤井孝美

【ゲスト紹介】


山賀 博之・やまが ひろゆき(映画監督)

山賀 博之・やまが ひろゆき(映画監督) 映画監督。現在はフリーランス。
1987年 自身が監督を務めた映画『王立宇宙軍 オネアミスの翼』を公開。
ガイナックスはその後も数々のアニメや漫画、ゲームなどを世に送り出し、『新世紀エヴァンゲリオン』のヒットにより一躍有名となった。
2017年 SONYイメージCM『砂の灯』を上映。
2018年 大徳寺真珠庵、旦那の間の襖絵『かろうじて生きている』を公開。

武田 康廣・たけだ やすひろ(アニメプロデューサー)

武田 康廣・たけだ やすひろ(アニメプロデューサー) 株式会社GAINAX京都代表取締役。
活字SF中心であった当時のSF大会の風潮に不満を抱き、アニメ・特撮などにも目配りした、DAICON(ダイコン)3・4を主催する。
DAICONオープニングアニメ製作から自主製作映画グループ「ダイコンフィルム」を創設。
米子を舞台にした「八岐之大蛇の逆襲」では、八岐之大蛇攻撃の為に出動した部隊の司令官として出演。
本人コメント「次はどこに行くのだろうか。人生は楽しい。」

菅 浩江・すが ひろえ(SF作家)

菅 浩江・すが ひろえ(SF作家) ファン時代より、幾度も日本SF大会のスタッフを務める。
主な受賞歴:
 星雲賞(4回)、日本推理作家協会賞、日本SF大賞など
主な役職:
 文部科学省教科書検定調査審議会臨時委員(国語小委員会)
 文化庁文化審議会著作権分科会基本政策小委員会委員

古原 奈々・ふるはら なな(声優)

古原 奈々・ふるはら なな(声優) 東京都出身。アイドルユニットでデビュー後、舞台演劇を経て、現在は主に声優・ナレーターとして活動。
歌、ラジオ、司会、リポーター、講師なども務める。
出演作は、アニメ「こども刑事 めめたん」(めめたん役)、ゲーム「太鼓の達人」(どん子役)、「ことばのパズル もじぴったん」(歌&もじくん役)、「ロロナのアトリエ」(ED曲歌)、他多数。
地域おこし協力隊をきっかけに鳥取県へ。山陰声優部を立ち上げる。
1児のシングルマザー。(写真撮影 小川康之)

高見 桃子・たかみ ももこ(声優)

高見 桃子・たかみ ももこ(声優) 鳥取県大山町出身の元保育士。
現在は米子に住みながら、声優、ナレーター、イベントMC、イラストレーターなどで活動。
中海テレビ「パルディア」のレポーターとして出演中。
「ガイナタマガー」声優オーディションで、初のアニメ主役を射止めた。
好きなものはラーメン。
趣味はカフェ巡り。

伊吹 悠・いぶき はるか(声優)

伊吹 悠・いぶき はるか(声優) 広島大学法学部出身。大学在学中は毎週大阪へ通い、アニメ・外画・ナレーションなど多岐にわたる稽古を受ける。
六法全書とアフレコ台本を抱え、濃密な4年間を駆け抜けた。
在学中に地元テレビ局のオーディションに合格し声優の世界に飛び込むことに。
現在は広島を中心にテレビ番組やCMナレーションを担当。 夢の原点は、高校生のときに出場した「声優魂 鳥取大会」で声優・中尾隆聖さんから審査員特別賞を受賞したこと。
米子ガイナックス制作アニメ「ガイナタマガー」テンニョ先生役

石毛 弓・いしげ ゆみ(大手前大学建築&芸術学部教授)

石毛 弓・いしげ ゆみ(大手前大学建築&芸術学部教授) 研究領域は西洋哲学およびポピュラーカルチャー。
哲学の研究者をめざしたきっかけは、「SFみたいで楽しい」だった。
一介のSFファンとして、その気持は現在も持続中。
哲学とポピュラーカルチャーの隙間家具になることが目標。
単著『マンガがひもとく未来と環境』、編著『日仏アニメーションの文化論』『なぜ学校でマンガを教えるのか?』など。

関連サイト

  • 3分映画宴

SNS

◆Instagram◆

鳥取県米子市で「米子映画事変」を開催しています。 「あらゆるアートは映画に含まれる」がコンセプト。 「交遊」をテーマにしたポップカルチャーの祭典、それは街をステージにした大文化祭です。 たくさんのご来場をお待ちしています。

Instagramをフォロー

◆YouTubeチャンネル◆

米子映画事変YouTubeチャンネルをごらんになりたい方は、こちらのQRコードをスキャンまたはクリックしてご利用ください。

米子映画事変YouTubeチャンネル

◆twitter◆

◆Facebook◆

Facebookを開く
ページのトップへ戻る