ヒストリー

ホーム > ヒストリー > 第十次(2021年) > 米子活弁事変 演目『八岐之大蛇の逆襲』

米子活弁事変 演目『八岐之大蛇の逆襲』

米子活弁事変
八岐之大蛇の逆襲

自主制作怪獣映画の名作が縁寿の活弁で甦る!

第1回目の米子映画事変からお越しいただいている縁寿さんには、今回「八岐之大蛇の逆襲」(1984年)を活弁バージョンにて公演していただきます。
この作品は、米子映画事変プロデューサーの赤井孝美がアマチュア時代に16mmフィルムで製作した怪獣映画で、精巧に作られたミニチュアを使い、米子の市街地を大怪獣が暴れまわります!
しかも、このたびのゲスト樋口真嗣監督も「特殊技術」として参加されています。
「ビッグマウス対談」のあとに観れば、より味わい深いこと間違いなし!

会場:米子コンベンションセンター 小ホール

日時:11月27日(土)13:30~15:00

フリーパス:要

出演者

  • 縁寿

    縁寿(活動弁士)

  • 赤井孝美

    赤井 孝美(クリエイター)

  • ゼネプロα Online

SNS

◆Instagram◆

鳥取県米子市で「米子映画事変」を開催しています。 「あらゆるアートは映画に含まれる」がコンセプト。 「交遊」をテーマにしたポップカルチャーの祭典、それは街をステージにした大文化祭です。 たくさんのご来場をお待ちしています。

Instagramをフォロー

◆YouTubeチャンネル◆

米子映画事変YouTubeチャンネルをごらんになりたい方は、こちらのQRコードをスキャンまたはクリックしてご利用ください。

米子映画事変YouTubeチャンネル

◆twitter◆

◆Facebook◆

ページのトップへ戻る