出演者

ホーム > 出演者 > 第十次(2021年) > ◇縁寿(えんじゅ)

◇縁寿(えんじゅ)

縁寿(えんじゅ) 1980年劇団ひまわり入団。18期研究科卒業。全国公演「小さい魔女」の主役等を務め88年退団後は、劇団影法師中国・アセアン五カ国公演参加や日本魔術団の和妻・水芸公演後見を数年間務めた。
役者としてフリーで活動中に、2000年マツダ映画社が企画した活動弁士オーディションに合格。2001年東京キネマ倶楽部にて「散りゆく花」を説明して弁士デビュー。2002年澤登翠門下生となる。2007年 オシアンズ・シネファン第9回アジア・アラブ映画祭でインド・ニューデリーにて出演。2011年 欧州文化首都2011でエストニア・タリンにて出演。米子映画事変ではアニメ「天元突破グレンラガン」「放課後のプレアデス」に活弁を付けるなど無声映画以外の映像にも着手。 2016年に澤登一門を出てフリーとなり、2018年から本名斎藤裕子改め「縁寿」を名乗る。
現在は「今みて新しいサイレント映画ライブ」を錦糸町シルクロードカフェにて定期公演を主催。

ブログ「活動弁士は七変化」

  • ゼネプロα Online

SNS

◆Instagram◆

鳥取県米子市で「米子映画事変」を開催しています。 「あらゆるアートは映画に含まれる」がコンセプト。 「交遊」をテーマにしたポップカルチャーの祭典、それは街をステージにした大文化祭です。 たくさんのご来場をお待ちしています。

Instagramをフォロー

◆YouTubeチャンネル◆

米子映画事変YouTubeチャンネルをごらんになりたい方は、こちらのQRコードをスキャンまたはクリックしてご利用ください。

米子映画事変YouTubeチャンネル

◆twitter◆

◆Facebook◆

ページのトップへ戻る