出演者

ホーム > 出演者 > 第十次(2021年) > ◇佐伯 日菜子(さえき ひなこ)

◇佐伯 日菜子(さえき ひなこ)

佐伯 日菜子(さえき ひなこ) 女優。1977年2月16日、奈良県出身。「毎日が夏休み」(1994年/金子修介監督)のヒロイン役で16歳で女優デビューし、第18回日本アカデミー賞新人賞、第16回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞など多くの賞を受賞。
大江健三郎原作・伊丹十三監督の「静かな生活」(1995年)では渡部篤郎演じる障害を持つ兄を健気に支える妹役を好演。また、「らせん」(1998年/飯田譲治監督)では貞子役をミステリアスに演じるなど確かな演技力で幅広く活躍。
主な出演作に「ギプス」(2001年/塩田明彦監督)、「真・女立喰師列伝」(2007年)「アサルトガールズ」(2009年/ともに押井守監督)、「僕はイエス様が嫌い」(2019年/奥山大史監督)などがある。米子ガイナックス制作のアニメ「ガイナタマガー」では声優にも挑戦している。 2022年も様々な作品の公開が多数待機中。

Vivienne「佐伯 日菜子」のページ

  • ゼネプロα Online

SNS

◆Instagram◆

鳥取県米子市で「米子映画事変」を開催しています。 「あらゆるアートは映画に含まれる」がコンセプト。 「交遊」をテーマにしたポップカルチャーの祭典、それは街をステージにした大文化祭です。 たくさんのご来場をお待ちしています。

Instagramをフォロー

◆YouTubeチャンネル◆

米子映画事変YouTubeチャンネルをごらんになりたい方は、こちらのQRコードをスキャンまたはクリックしてご利用ください。

米子映画事変YouTubeチャンネル

◆twitter◆

◆Facebook◆

ページのトップへ戻る