第二次米子映画事変

ゲスト紹介

INDEX

大林宣彦

大林宣彦 1938年広島県尾道市生まれ。3歳の時に自宅の納戸で出合った活動写真機で、個人映画の製作を始める。上京後、16oフィルムによる自主製作映画『EMOTION=伝説の午後・いつか見たドラキュラ』が、画廊・ホール・大学を中心に上映されジャーナリズムで高い評価を得る。『喰べた人』(63)はベルギー国際実験映画祭で審査員特別賞を受賞。この頃からテレビコマーシャルの草創期に本格的に関わり始め、チャールズ・ブロンソンの「マンダム」、ソフィア・ローレン、カトリーヌ・ドヌーヴなど外国人スターを多数起用、その数は2000本を超える。
1977年『HOUSE/ハウス』で商業映画にも進出。同年の『瞳の中の訪問者』と共に“ブルーリボン新人賞”を受賞。故郷で撮影された『転校生』(82)『時をかける少女』(83)『さびしんぼう』(85)は“尾道三部作”と称され親しまれている。『異人たちとの夏』(88)で“毎日映画コンクール監督賞”、『北京的西瓜』(89)で“山路ふみ子監督賞”、『ふたり』(91)で“アメリカ・ファンタスティックサターン賞”、『青春デンデケデケデケ』(92)で“平成4年度文化庁優秀映画作品賞”、『SADA』で“ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞”、宮部みゆき原作『理由』(04)で“日本映画批評家大賞・監督賞”、“藤本賞奨励賞”を受賞。2011年3月11日を受けた最新作『この空の花 −長岡花火物語』は2012年全国順次公開。
2004年春の紫綬褒章受章、2009年秋の旭日小綬章受章。

出演イベント>3分映画宴

岡本みね子

岡本みね子 1937年、東京生まれ。早稲田大学心理学科卒業。シナリオ・ライター志望だったが、岡本喜八監督と出会い、卒業と同時に結婚。1968年の『肉弾』以来、喜八プロダクションで製作に携わる。1981年に『キッドナップ・プルース』(監督・浅井慎平、主演・タモリ)プロデュース。1991年プロデュース作品『大誘拐』(監督・岡本喜八、主演・北林谷栄、緒形拳)で藤本賞を受賞する。1995年の『EAST MEETS WEST』では初の海外ロケーションにも挑戦し、成功を収めた。プロデュース作品でもある1996年の『風のかたみ』(監督・高山由紀子)は各国の映画祭でも上映された。

出演イベント>3分映画宴岡本みね子トークショー

北野誠

北野誠 バラエティから心霊ルポ、さらには投資家としても多彩に活躍するマルチタレント。
出演番組:「北野誠のズバリ」(CBCラジオ)、「北野誠のおまえら聴くな。」(ニコニコチャンネル)、「北野誠のFXやったるで!」(ラジオNIKKEI)など。書籍:『北野誠のおまえら行くな。』シリーズ(竹書房)など。
DVD:『北野誠のおまえら行くな。』シリーズ(竹書房)など。
オフィシャルブログ「まことだもの」

出演イベント>そらアカンやろ?!日本全国(珍)街おこし北野誠×西浦和也 怪談

モト冬樹

モト冬樹

東京都出身。
中学校の時に音楽好きが高じベンチャーズに憧れギターを手にし毎日練習に明け暮れる。高校を卒業・大学受験の失敗を機に、小学校からの同級生だったグッチ裕三氏・実兄であるエド山口とバンドを組み、銀座・六本木界隈でクラブを中心に活動を始める。
その後、「ローズマリー」「ジュテーム」などのグループを経て、昭和52年、グッチ裕三・ウガンダ・イタッケ島田と共にバンド「ビジー・フォー」を結成し、ライブハウスを中心に活躍。渡辺プロダクションの故・渡辺晋氏に見いだされ、本格的にコミックバンドとして始動する。昭和58年「ビジー・フォー」解散。のちに「ビジー・フォースペシャル」を結成、ギター兼ボーカルを担当する。「ものまね王座決定戦」の出演をきっかけに「ものまね四天王」ブームを巻き起こし、人気者に。個性的なキャラクターを生かしてCM・テレビドラマにも多数出演。

出演イベント>MOOSIC LAB こっぴどい猫トークショー

本広克行

本広克行 1965年生、香川県育ち、丸亀市立西中学校、香川県立琴平高等学校、横浜放送映画専門学院(現、日本映画大学)を卒業。
深夜情報番組のADからバラエティ、ドラマのディレクターを経てドラマ「NIGHT HEAD」「お金がない!」「アンティーク」「SP」等のドラマ演出を担当。
96年「7月7日、晴れ」で映画監督デビュー。
99年「踊る大捜査線 THE MOVIE」日本アカデミー優秀監督賞受賞。
2003年「踊る大捜査線2」は日本映画(実写)興行収入記録歴代1位の座を獲得。

その後「交渉人 真下正義」「少林少女」「踊る大捜査線 THEMOVIE3 ヤツらを解放せよ!」などの大作、話題作を世に送り出す傍ら、出身である香川県を舞台にさぬき三部作「サマータイムマシン・ブルース」「UDON」「曲がれ!スプーン」の企画・監督。
日本映画界に香川県の美しさを知らしめることにも貢献し【第五回かがわ21世紀大賞】を受賞。

2007年、自身の演劇プロジェクト「FABRICA」を立ち上げ、現在までの3公演全ての演出。
2010年、舞台演出を担当した、青年団リンク本広企画「演劇入門」平田オリザ原作、岩井秀人脚本。

最近は、AKB48「Everyday、カチューシャ」PV監督、三谷幸喜演出「国民の映画」舞台作品の映像化を演出。
2011年から四国学院大学客員教授に就任。

映画、ドラマ、CM、ゲーム、PV、舞台と演出の幅を広げるべく活動中。
映画最新作は『踊る大捜査線ファイナル 新たなる希望』
2012年10月からフジテレビ系列放送オリジナルアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』総監督。

2013年より故郷、香川県主催『さぬき映画祭』ディレクター担当します。

出演イベント>地方映画祭サミット

木村好克

木村好克 1973年生まれ、大阪府出身。大阪芸術大学大学院・芸術制作研究科卒。
大学院修士作品の中編映画『ヒゲCLOTHING』が第三回インディーズムービーフェスティバル入賞。
助監督として多くの商業映画に参加。
2011年、映画『KG カラテガール』にて監督デビュー。2012年、連続ドラマ『スープカレー』(HBC・TBS)にてチーフ演出を務める。

出演イベント>地方映画祭サミット

ふるぼっこ隊

中村知子

中村知子 賢プロダクション所属 三重県出身 声優・ナレーター。
主にアニメやゲームで活躍。
主な出演 アニメ「しゅごキャラ」結木やや、「青い花」三浦香織、「スウィートプリキュア」ありさ、「けいおん!!」立花姫子 など。
Twitter
ブログ 「しるこの日常」

野引香里

野引香里 俳協所属 鳥取県米子市出身 ナレーター。
情報番組やバラエティで活躍。
現在の出演 「韓流ファクトリー」ナレーション。
主な出演 「SMAP×SMAP」「きよしとこの夜2011」ナレーション など。
Twitter
ブログ 「ナレーター野引香里ノビッキ」

出演イベント>ふるぼっこ隊リーディングライブ

あほ男

地元で活動するバンド。米子映画事変ライブステージに登場。
HP

出演イベント>米子映画事変ライブステージ

門脇大樹

地元で活動するミュージシャン。米子映画事変ライブステージに登場。
HP

出演イベント>米子映画事変ライブステージ

無限会社桜烈組

地元で活動するバンド。米子映画事変ライブステージに登場。
HP

出演イベント>米子映画事変ライブステージ

Official髭男dism

地元で活動するバンド。米子映画事変ライブステージに登場。
HP

出演イベント>米子映画事変ライブステージ

鈴木旬

鈴木旬 1986年、鳥取県鳥取市生まれ 幼い頃よりヒマさえあれば絵ばかり描いていた。小学生時代に「ゲゲゲの鬼太郎」で水木作品、妖怪と出会い、多大なる影響を受ける。2008年、「絵」と「妖怪」を生業に―との想いから境港・千年王国へ所属。「TOFUBOY RECORDS」の屋号で妖怪活動も展開中。

展示イベント>第二次妖怪仕事展

ラ・コミック

ラ・コミック 本名:寺西竜也(てらにしたつや) 。鳥取県米子市出身1991年、白泉社「Silent」でデビュー。1993年、小学館「技」でビッグコミックスピリッツ賞 佳作。鳥取県内の広告代理店に勤務しながら創作活動を行う。2006年、漫画制作プロダクション 株式会社ラ・コミック設立。 以後、ふるさとを舞台にした様々なテーマの漫画を執筆中。

展示イベント>第二次妖怪仕事展

飯塚俊男

飯塚俊男 1947年群馬県前橋市に生まれる。
東北大学法学部在学中から、小川紳介監督が主宰する小川プロダクションに所属してドキュメンタリー映画の道に入る。山形国際ドキュメンタリー映画祭の立ち上げを記録した『映画の都』(91年)で初監督、この年に独立。独立後、最初の監督作品『小さな羽音―チョウセンアカシジミ蝶の舞う里』(92年)で文化庁優秀映画作品賞、キネマ旬報文化映画第1位などを受賞。最新作『プッチーニに挑む―岡村喬生のオペラ人生』(12年)を製作、監督。5月銀座東劇で公開。

出演イベント>深谷シネマ「街のひかり」トークショー

野村精司

野村精司東映京都撮影所にて、番組企画・教育映画企画、監督をへて、1993年3月、有限会社イサナクリエーション設立。取締役社長となる。テーマパークのアミューズメント映像、教育映像、テレビドラマ、コマーシャル、3D映画、バイノーラルサウンド演出、博物館展示映像などの企画・演出・プロデュース。ミュージカルの演出、作詞などを行う。
2010年: 映画「めおん」総合プロデューサー 監督
2011年:ドキュメンタリー映画「男木中学校の生徒と先生の300日の記憶〜それでも風は吹いている〜」監督
2013年: 望月三起也(漫画家)第一回映画監督作品 共同監督
2015年: 瀬戸内サーファー 監督予定

出演イベント>「めおん」トークショー

木内晶子

木内晶子1981年、香川県高松市生まれ。1997年10月、第1回音楽事業者協会「ザ・ジャパンオーディション」に合格し、デビュー。1998年、TBS金曜ドラマ『PU-PU-PU-』で女優デビュー。香川県『うどん県』副知事。出演作品:映画『踊る大捜査線THE MOVIE』『G・T・O THE MOVIE』『容疑者 室井慎次』『めおん(2010)』『百年の時計(2012)』など

出演イベント>「めおん」トークショー

香西志帆

香西志帆香川県高松市出身、在住の銀行員。さぬき映画祭 映像塾で、学び、映像制作を始める。主な脚本作品に、「優しくやってきた悪魔」「白い粉」。脚本・監督・撮影・編集作品に、「UDON禁止令」「カインの畑」「振り込め詐欺にダマされるな!」「万引きにレッドカード」など。本作「猫と電車」は長編初監督作品。現在、「アイドル戦士 チャリンコキャンディ」を制作中。

出演イベント>「猫と電車―ねことでんしゃ―」トークショー

田口清隆

田口清隆1980年北海道室蘭市生まれ、32 歳。学生時代から制作していた怪獣自主映画「G」が樋口真嗣監督に認められ、2009年NHKの番組内企画で「長髪大怪獣 ゲハラ」を監督。その後「MM9」(2010)、「RANGER 陸上自衛隊幹部レンジャー訓練の91日」(2011)、「ウルトラゾーン」(2012)等の監督を務める。現在はWOWOW「ネオ・ウルトラQ」他、特撮映画準備中。

出演イベント>自主特撮怪獣映画「G」上映会

宇仁菅真(うにすがまこと)

宇仁菅真米子映画事変ショートムービー「ネギマン」3話・4話 國曳太郎役。
1965年生まれ。劇団五期会所属。代表作のNHK教育番組「ストレッチマン」シリーズだけでなく、舞台や映像問わず幅広く活躍している。

出演イベント>「ネギマントーク」ショー

岸典生

岸典生米子映画事変ショートムービー「ネギマン」3話・4話 久米哲也役。
1995年5月11日生まれ。血液型:O型 出身地:鳥取県 身長:159cm 体重:38kg スリーサイズ:B68cm W62cm H79cm 靴のサイズ:24cm 趣味:テレビゲーム・貯金 特技:テニス・バスケットボール

出演イベント>「ネギマントーク」ショー

Chelip(チェリップ)

chelip

鳥取県出身アイドルユニット。
2011年10月BSSティンラジ レギュラー出演中(ラッテフレンズのメンバーとして)
2012年5月DARAZFM ブランニューサンデー レポーター出演中。
2012年8月〜10月まんが王国とっとりドリームワールドステージMC。
9月まんが王国スペシャルサポーター就任。
2012年10月インディーズCDデビュー決定。
DARAZFM (仮)Chelipの乙女日和 パーソナリティー。

左・井次麻友

米子映画事変ショートムービー「ネギマン」1話〜4話 櫛名繭役。
あいのりビジョンナビゲーター。1994年12月11日生まれ。血液型:A型 趣味:人間観察・コスメ集め 身長:156cm

右・藤井美音

米子映画事変ショートムービー「ネギマン」3話・4話 吉川えみ役。
あいのりビジョン米子観光協会リポーター。1996年6月4日生まれ。血液型:O型 趣味:パソコン・音楽をきくこと 身長・156cm

出演イベント>「ネギマントーク」ショーChelipライブ

MeguMild

MeguMild 左からDr.トバ フミヒロ、VO.GTR フジイ アユム、BASS タケナカ ユタカ。
吉祥寺のストリートが活動の原点。
一度聞いたら耳から離れないメロディーと歌。それを支えるスリーピースとは思えない分厚いサウンド。繊細さと力強さの両面をのぞかす歌詞の世界観。
2012年NEXT BREAK筆頭アーティスト。完全次世代のエモ+ギターロックバンド。
「名前のない今日」が2012年初夏公開映画“あんてるさんの花”主題歌に抜擢される。 

出演イベント>MeguMildライブ(「あんてるさんの花」上映後)

映画ガチンコ兄弟

映画ガチンコ兄弟米子北高映画研究同好会出身の映画ライター。尾崎一男と天野裕之により結成された映画評論ユニット。これまでに雑誌「映画秘宝」(洋泉社) 、「フィギュア王」(ワールドフォトプレス)等での執筆活動の他、2006年から2012 年にかけて、東京MXTV にてサブカルチャーバラエティー番組『大進撃放送BONZO!』に出演し、映画コーナーを担当。

出演イベント>【映画ガチンコ兄弟のシネマ健康ランド望郷編】帰ってきた(?)大進撃放送BONZO!

竹内義和

竹内義和作家、コラムニスト、出版プロデューサー、番組パーソナリティー。オタク関連からアイドルまで数々のプロデュース、独自のトークライブなどマルチな才能を発揮している。
代表作:『ウルトラマンの墓参り』( 飛鳥新社) 、『パーフェクトブルー』など。
オフィシャルサイト「HOURZ」

出演イベント>そらアカンやろ?!日本全国(珍)街おこし

杉作J太郎

杉作J太郎映画監督・作家・タレント・ミュージシャン・漫画家。「男の墓場プロダクション」局長。
代表作:『怪奇!! 幽霊スナック殴りこみ!』、『任侠秘録人間狩り』
オフィシャルサイト「男の墓場」

出演イベント>男の墓場プロダクション、製作映画、配給映画の上映と、おもしろい講演会と、料理自慢・杉作J太郎考案の美味しい食事

松岡由貴

松岡由貴声優、大阪府出身。ぷろだくしょんバオバブ所属。主な出演作 「BLEACH」井上織姫、「インフィニットループ 古城が見せた夢」セレスティア、「ご姉弟物語」地主おねい、「テイルズ オブ イノセンス」エルマーナ・ラルモ、「おまもりひまり」神宮寺くえす「幻想水滸伝ティアクライス」モアナ、「プリンセスラバーひ」藤倉優、「サモンナイト4」リシェル、「一騎当千 XTREME XECUTOR」左慈元放、「アマガミ」伊藤香苗 他

出演イベント>ラジオ「ガイナックス電波」公開録音in米子

サエキトモ

サエキトモ声優、大阪府出身。 ケッケコーポレーション所属。主な出演作 「六門天外☆モンコレナイト」大矢門斗(主演)、「アベノ橋魔法☆商店街」今宮聖志(主演)、「デ・ジ・キャラット」クウ・エアハルト、「ギャラクシーエンジェル」マリブ・ペイロー、「ぷちぷり*ユーシィ」キューブ、「忘却の旋律」ソロ、「ちっちゃな雪使いシュガー」ソルト 他

出演イベント>ラジオ「ガイナックス電波」公開録音in米子

斎藤裕子

斎藤裕子1981年劇団ひまわり入団。公演部昇格後は全国公演『小さい魔女』の主役等で活躍。88年に退団後は、客演として劇団影法師の海外公演や水芸(和妻)のアシスタントを経て、2001年より活動弁士としてスタートをきる。澤登翠門下生。インド・ニューデリーで開催された“オシアンズ・シネファン第9回アジア・アラブ映画祭”エストニア・タリンで開催された“欧州文化首都2011”等、海外でも活弁を披露。日本の無声アニメ・チャンバラ・洋画のロマンチックメロドラマやコメディまで、七色の声を活かしてレパートリーは多種に渡る。

出演イベント>活動弁士公演「天元突破グレンラガン」

まっしろオバケ

まっしろオバケ まっしろオバケ

1982年8月19日生まれ。
米子市淀江町出身。
2006年、美容師になる。
2010年、クリエイターに転身。
2010年、まっしろオバケ展(青山)。
2011年、蛍光フラッペ (下北沢)。
2011年、Sweet STREET(アメリカ)。
2011年、米子映画事変出展(米子)。
まっしろオバケ まっしろオバケ

展示イベント>九十九神の回byまっしろオバケ

西浦和也(にしうらわ)

西浦和也 怪談蒐集家・実話怪談作家。
老舗怪談サイト”コ・ワ・イ・ハ・ナ・シ・ヤ・ミ・ノ・サ・サ・ヤ・キ”の管理人。
著書に「現代百物語 憑ク話」、「現代百物語 忌ム話」(共に竹書房刊)など
コ・ワ・イ・ハ・ナ・シ・ヤ・ミ・ノ・サ・サ・ヤ・キ

出演イベント>そらアカンやろ?!日本全国(珍)街おこし北野誠×西浦和也 怪談

山下敦弘(やましたのぶひろ)

山下敦弘
1976年 愛知県生まれ。
日本の映画監督。
高校時代にビデオカメラで映像制作を始める。大阪芸術大学映像学科に進学後、熊切和嘉監督と出会い『鬼畜大宴会』(97)にスタッフとして参加。その後同期の向井康介、近藤龍人と共に短編を次々に発表する。1999年に初の長編「どんてん生活」を発表し、2000年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭でオフシアター部門のグランプリを受賞する。第2作「ばくのハコ船」は東京国際映画祭の助成金をもとに製作し、レイトショーでロングヒットを記録する。以後、作品を発表する毎に、独特の山下ワールドを展開し、将来最も期待される若手監督のひとりとなった。

出演イベント>3分映画宴エアーズロックトークショーこっぴどい猫トークショーtarpaulin、ぶたい版・中学生日記トークショー

羽那 Hana

羽那 占い師(カウンセラー、コンサルタント、ヒーラー)。
算命学、カバラ数秘術、手相、タロット、干支九星気学など様々な鑑定方法を体得。
年間2000件以上の対面鑑定経験を活かし、ただ当てるだけの占いでなく、その人の性格が活きる道・開運法を提案する。
オフィシャルサイト「Hana Life Produce」

出演イベント>羽那Hana 占い

アニメ会

アニメ会

1999年に結成されたアニメ好きお笑い芸人によるユニット。
メンバーは、国井咲也・三平×2・サンキュータツオ・比嘉モエルの4名。
"(アニメなどの)二次元媒体と力強い笑いとの融合"を旗印に精力的にライブを開催している。
自身のファン意識、いわゆるアニメおたくの妄想話を”萌え話”(アニメ会造語)という話芸に見事に昇華。秋葉原系の芸人として業界でも注目されている。
アニメ会サイト

出演イベント>アニメ会ライブ

突き指パンダ

突き指パンダ 漫画家・葉月京と声優・宇和川恵美がヴォーカルをつとめる異色のバンド「突き指パンダ」が米子に再上陸! 「若い歌は若いモンに任せて、うちら昭和道!」がキャッチコピー。 “昭和の香り漂う、ちょっぴり変でキャッチーな歌”をご堪能下あれ。
突き指パンダ公式サイト

出演イベント>突き指パンダライブ