映画上映イベント


TOP 米子映画事変とは ニュース 3分映画宴 ネギマン 泉谷しげる 石橋凌 北野誠怪談 杉作J太郎・男の墓場
++スぺシャル++ ++ゲスト++ ++映画上映++ ++パフォーマンス++ 参加ゲスト・監督紹介 ブログ   [会場・イベントGoogleマップ]
 
※出演者、開催日時・場所は変更になる場合がございます。
岡本喜八 監督作品上映

米子市出身の映画監督・岡本喜八。米子市民の、そして米子映画事変の源流は彼の作品にあり?!自らが大の喜八ファンでもある本イベント実行委員長・赤井孝美が上映作品をセレクト。一度見たら虜になる喜八作品の魅力をとくとご堪能あれ。

■9/23 13:00〜15:00
■上映作品:「殺人狂時代」

■9/24 11:00〜13:30
■上映作品:「ダイナマイトどんどん」

■駅前通り 加藤ビル [会場MAP&タイムテーブル]

※連動企画:岡本みね子トークショーと合わせてご覧ください。


ショートムービー大宴会 主催:米子映像フェスティバル実行委員会

全国から集まったショートムービーを一挙上映!ハートフルなドラマあり、ドキッとするドキュメンタリーあり、アッと驚くアニメあり。短時間で様々な作品を楽しめるのも魅力。球根栽培監督の「九月の鼠」(10分)、竹内泰人監督の「魚に似た唄」(約5分)他。 ※MC:マルチーズ

よなご映像フェスティバル2010グランプリ作品 なご映像フェスティバル2010準グランプリ作品

「九月の鼠」
監督:球根栽培

「魚に似た唄」
監督:竹内泰人

■9/23 14:00〜17:00
■元町サンロード内(元 久米屋)
 [会場MAP&タイムテーブル]


セレクション・ムービーズ

新進気鋭、話題の監督と、その作品が大集合!新作・代表作の上映と監督やゲストのトークライブが楽しめます。
山下敦弘監督の「天然コケッコー」「リンダリンダリンダ」、柴田剛監督の「堀川中立売」、本田隆一「GSワンダーランド」、石井裕也監督の「ガールズスパークス」、山川公平監督の「あんたの家」など多数。 MC:映画ガチンコ兄弟、坂本一雪

「GSワンダーランド」

ビートルズやベンチャーズ、日本のスパイダースやブルーコメッツなどに触発され、2年余りの間に数多くのバンドがデビューする空前のバンド・ブームの時代。その最中に白タイツの”王子様風”ファッションで登場した「ザ・タイツメン」。栗山千明、石田卓也、水嶋ヒロ、浅利陽介の4人が、60年代からタイムスリップしてきたかのうような風貌で、GSサウンズに挑戦。長い黒髪が特徴的な栗山千明が演じる、ショートカットの男装は必見!彼らが歌う楽曲「海岸線のホテル」は、作詞:橋本淳、作曲:筒美京平というGSではお馴染みのコンビ。また、レコード会社社長役で、「ザ・タイガース」の岸部一徳が出演している。
(c)2008「GSW」製作委員会

「川の底からこんにちわ」

上京して5年目のOL木村佐和子(満島ひかり)は、5つ目の職場で、5人目の彼氏であり職場の上司、新井健一(遠藤雅)とその連れ子の加代子(相原綺羅)とともに仕事にも恋愛にも妥協した悶々とした日常をやり過ごしていた。ストレスが溜まっていたせいか、時々クリニックに通っては腸内清浄を施していた。会社ではどんなに扱き使われても逆らうことなく言われるがまま働いていた。OLの先輩たちとのいつもの井戸端会議では、不景気や地球温暖化などの暗い話ばかりが話題となっていたが、意見を求められた佐和子は「でもしょうがないですよ」といつも後ろ向きな返事をしていた。5人目の彼氏の健一はバツイチで子持ちな上に頼りなかったが、いつも男に捨てられてきた佐和子にとっては特に不満はなかった。「どうせ、私なんて中の下なんだから」と開き直っていた。
「BOX 袴田事件 命とは」

昭和41年に静岡県清水市で実際に起きた「袴田事件」をもとに製作された映画。ある日、市内にある工場が放火され、そこから刺殺された一家の焼死体が見つかる。石橋凌演じる立松刑事は元プロボクサーである従業員・袴田に目をつけ逮捕。証拠不十分、拘留期限直前の自白、裁判での全面否認。主任刑事・熊本は、この事件に疑問を抱き始める。人が人を裁く難しさを描いた作品。


監督/本田隆一
出演/栗山千明、石田卓也、水嶋ヒロ、浅利陽介、武田真治、高岡蒼甫、杉本哲太、大杉漣、ケンドーコバヤシ、三倉茉奈、三倉佳奈、温水洋一
2008年/100分

監督・脚本/石井裕也
出演/満島ひかり、遠藤雅、相原綺羅、志賀廣太郎、岩松了
2009年/112分

監督/高橋伴明
出演/萩原聖人、新井浩文、石橋凌、葉月里緒奈ほか
2010年/117分

■9/23 15:00〜17:00
■駅前通り 加藤ビル

[会場MAP&タイムテーブル]
本田隆一監督トークショー 17:00〜18:00
■9/23 19:00〜21:00
■駅前通り 加藤ビル

[会場MAP&タイムテーブル]
石井裕也監督トークショー21:00〜22:00
■9/24 14:30〜16:30
■駅前通り 加藤ビル
[会場MAP&タイムテーブル]

「あんたの家」

大阪で暮らす老夫婦。夫は人工肛門をつけ、妻は夫の介護に追われる。木造モルタルアパートでの介護の日々、そして借金にも悩まされていた妻キミコは、ある夜、夫の首に手をかけてしまう、、、。現代社会で問題となっている介護問題を取りあげつつも、大阪のおばちゃんの生き抜く力をユーモラスに描く。

「脚の生えたおたまじゃくし」

毎日、部室から女の子を双眼鏡でチェックしている中学生、今井とおる(14)と風間淳一(14)。中学三 年生になったとおるは入学当時から好きだった川島奈々恵(14)と念願の同じクラスになる。
ある日、偶然にもおたまじゃくしがきっかけで川島と仲良くなるとおる。
しかし、突如現れた胡散臭い家庭教師、山岡(22)により、とおるは「ダンスはモテる」などの間違っ た恋のアドバイスを鵜呑みにしていってしまう。
山岡のアドバイスにより、川島を駆け落ちに誘ってしまうとおる。
その旅先でとおるは川島の感情を逆なでし、さらに逃げてしまうという始末。
明くる日、教室に現れた川島は金髪にロングスカートのド・ヤンキーに変貌していた。
何故…。とおるは彼女の中の何かを目覚めさせてしまったのだった…。

果たしてとおるのダンスは世界を変えるのか。これは一方的純愛ラブストーリー。
「堀川中立売」

大妖怪【加藤 the catwalk ドーマンセーマン】は、長年地球侵略を画策していた。
それを察知し、密かに地球に降り立ったギャラクシー・フォースのリーダーは、京都と呼ばれる地で【安倍さん】と名乗り、陰陽師として人々に畏れられる存在となった。
安倍さんは加藤の「ドロップアウトを許さない 人類補完計画」を阻止すべく、社会の片隅で遁世する【信介(ヒモ王子)】と【ツトム(ホームレス男爵)】の二人に白羽の矢を立てる。
遂に動き出した加藤の計画の鍵を握るのは、過去に「正義感殺人事件」と呼ばれる犯罪を犯した【寺田】。
寺田の存在が世界の人間の“悪意"を呼び寄せ増幅してしまうことで、人々は我を失い、次々に妖怪化していってしまうのだ。
そして、安倍さんが式神に仕立てあげた信介とツトムは、たった二人で妖怪化した民衆を相手に出陣する。
【堀川中立売(ほりかわなかたちうり)】 一見、何も起こっていないかのように見えるその地で、京都ギャラクシーウォーズがカオスにはじける!

監督/山川公平
2009年/43分

監督/前野朋哉
出演/前野朋哉、夏生さち、横山真哉、竹中崇、川面千晶、福岡佑美子
2009年/76分

監督/柴田剛
出演/石井モタコ(オシリペンペンズ)、山本剛史、野口雄介、堀田直蔵(バミューダ★バガボンド)、祷キララ、泰浩司(VP-MONCHI)、清水佐絵(HATENA-TAXI)
2010年/123分

■9/24 14:00〜  
■元町サンロード(元 久米屋)
[会場MAP&タイムテーブル]
■9/24 14:45〜16:00
■元町サンロード(元 久米屋)
[会場MAP&タイムテーブル]

■9/24 15:00〜17:00
ほんどおり商店街 ドドド

[会場MAP&タイムテーブル]
柴田剛監督トークショー17:00〜18:00

山川公平監督・前野朋哉監督トークショー21:00〜22:00

「ガール・スパークス」

世界中の全てにむかつきまくり、しかしその怒りがどこから来て、何に向ければ良いか分からず苛立っている女子校生・冴子と、ネジ工場を経営しながら家では女装して家事をこなす変人の父親。そんな奇妙な父娘の関係を軸に、冴子が高校三年の冬に体験する出来事 を通して成長してゆく姿を描く。

「天然コケッコー」

全校生徒たった6人の田舎の分校に通う中学二年生の右田そよ。ある日、東京から大沢広海が転校してくる。そよたちの知らない言葉と、都会の匂いを放つかっこいい大沢。初めてできた同級生との、楽しく過ごす毎日に、期待に胸膨らませるそよ。面倒見のいいそよとは正反対で、ちょっと意地悪でとっつきづらい大沢。そよと大沢と子供たちは、山の音や、水田からの風、自然が見せる不思議な力に、驚き、喜び、笑い転げながら毎日を過ごしていく。



(c)2007「天然コケッコー」製作委員会

「リンダリンダリンダ」

ある町に住む女子高生、恵、響子、望は、高校生活最後の文化祭を3日後に控えて大きな問題を抱えていた。メンバーの脱退。このままでは文化祭出場はできない。悩む3人に聞こえてきたのがブルーハーツの「リンダリンダ」。通りかかった留学生・ソンをバンドに引き込み、即席4人バンドは練習を開始する。果たして文化祭ライブは成功するのか?!

監督・脚本/石井裕也
出演/井川あゆこ、猪股俊明、中村無何有、桂都んぼ、二宮瑠美、福岡佑美子、内堀義之、山下大輔、潮見諭、宮川浩明
2007年/94分

監督/山下敦弘
出演/夏帆、岡田将生、柳 英里沙、藤村聖子、夏川結衣、佐藤浩市
2007年/121分

監督/山下敦弘
出演/ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織
2005年/115分

■9/24 12:30〜14:00
ほんどおり商店街 ドドド
[会場MAP&タイムテーブル]
石井裕也監督トークショー14:00〜15:00
■9/24 17:00〜19:00
■駅前通り 加藤ビル

[会場MAP&タイムテーブル]
■9/24 19:30〜21:30
■駅前通り 加藤ビル
[会場MAP&タイムテーブル]
山下敦弘監督トークショー21:30〜22:30

しまね映画祭 上映会 PISAF 2010 上映会

『しまね映画塾』にて制作された数ある短編映画から愛すべき力作・快作・異色作をセレクト。素人ならではのとんでもエピソード満載!ダラズパワー炸裂の監督/スタッフのトークもお楽しみください。

■9/23 17:30〜19:30
■元町サンロード内(元 久米屋)
[会場MAP&タイムテーブル]

プチョン国際学生アニメーションフェスティバル2010
韓国で開催される学生制作のアニメーション作品のコンペティション『プチョン映画祭』。韓国国内だけでなく海外の学生からの応募も多く、2010年の開催で12回目を迎えます。この参加作品の中から選りすぐって上映します。若い力のあふれた作品をお楽しみ下さい。

■9/24 12:00〜14:00
■元町サンロード内(元 久米屋)
[会場MAP&タイムテーブル]

 


さぬき映画祭 上映会

「香川」の素材を活かすというテーマで毎年開催される『さぬき映画祭』。今回は、関連事業『映画制作実践講座』で制作された作品を中心にチョイス。数々の映画祭で高い評価を得た評判の「カインの畑 ー阿部家の絆編ー」香西志帆監督、赤井孝美氏にして「映画としては100%間違っている、しかし趣味としては100%正しい!」とまで言わしめた妄想爆裂SFホラー「シャインストーン」の河野 輝夫監督などが登場、抱腹絶倒のトークで皆さんをお迎えします。

■9/23 20:00〜22:00
■元町サンロード内(元 久米屋)
[会場MAP&タイムテーブル]

「カインの畑 ー阿部家の絆編ー」

香川県のとある住宅地で、ふしぎな畑が発見された。
その畑で、誰かが何かを埋めると、それと同じ価値の別のものが生えてくるという。
やがて、コーヒーを飲んで当たりが出たら、その畑に何かを埋めることができるというキャンペーンがはじまる。
幸運にも、その当たりシールをゲットしたのは、不幸で貧乏な阿部家の長男・克哉だった…。


「シャイン ストーン」

高松市西部の丘陵地に建つ県立高松輝星高校。風光明媚で穏やかな学園で繰り広げられる謎の連続怪奇殺人事件。厳格な校長、バスケ部女子マネージャーたちが次々と犠牲に。果たして犯人は誰なのか。現場に落ちていた光る石とは。同級生たちが真犯人を追い詰めるが、意外な結末が待っていた・・・。
「VIVA!さぬきルチャ☆リブレ」

弱気で内弁慶な会社員、優作。ある日、総合格闘家鈴木に絡まれて何も出来ず悔しい思いをする。その鈴木に挑戦するために優作は一念発起する。選んだのはメキシコのプロレスリング「ルチャ・リブレ」。果たして優作はルチャ・リブレを習得することが出来るのか?そして鈴木と対戦することが出来るのか?情熱の素晴らしさを描いた(?)ノンストップ・スポ根コメディー映画!!


監督/香西志帆 約30分

監督/河野輝夫 約35分

監督/高橋恵一 約30分


DAICONFILM 上映会  

伝説のDAICON FILM作品を一挙上映!マニア必見『DAICONWオープニングアニメーション』、本格戦隊ヒーロー映画『愛國戦隊大日本』、米子を舞台にした大特撮怪獣映画『八岐の大蛇の逆襲』など。ゲストにアニメ会を迎え、今だから語れるマル秘トークショーも!

DAICON FILMとは
1981年の日本SF大会「DAICONV」のオープニングアニメーションを皮切りに、多くのカリスマ的映像作品を送り出したアマチュア映像製作集団。
株式会社ガイナックスの前身であり、当時の中心メンバーには「米子映画事変」実行委員長の赤井孝美、ガイナックス社長の山賀博之、『新世紀エヴァンゲリオン』監督の庵野秀明、など今日の日本ポップカルチャーに大きな影響力を持つ人物が数多く参加していた。

■9/23 19:30〜23:00
■法勝寺商店街 DARAZ CREATE BOX
 [会場MAP&タイムテーブル]


活弁士公演「鞍馬天狗」

日本の無声映画時代には、活動弁士が登場人物のセリフや情景を語るのが上映スタイルでした。その名調子も映画の楽しみの一つだったのです。このイベントでは当時のスタイルを再現。今では貴重な活動弁士の技を、無声映画とともに実際にご体験頂けます。

斉藤 裕子(さいとう ゆうこ)
劇団影法師の海外公演参加や水芸(和妻)のアシスタントを経て、2001年より活動弁士としてスタートをきる。澤登翠門下生。のらくろなどのアニメから鞍馬天狗などの時代劇まで、役者ならではの感性をいかした語り口で守備範囲は広い。 品川宿の「屋形船ライブ」はレギュラー出演。海外公演も、2007年7月 インド・ニューデリー「オシアンズ・シネファン第9回アジア・アラブ映画祭」、2011年2月 エストニア・タリン「欧州文化首都」に出演し、活弁を披露している。得意分野は“明朗闊達時代劇”“ロマンス活劇”“ドラマチック・メロドラマ”役者経験をいかした、ダイナミック・パフォーマンスをご覧あれ!

■9/24 15:00〜17:00
ほんどおり商店街 しょいや
  [会場MAP&タイムテーブル]


玩具映画上映 懐かし動画上映

ブリキのおもちゃ映写機で見る「玩具映画」。大正から昭和初期に日本で作られた玩具用の映画は、大阪芸術大学の太田米男教授により、歴史的価値が確立されました。

今回は、450本以上の作品から選りすぐりの貴重な映像を上映します。

■9/23・24・25 10:00〜
■元町サンロード内(元田口種苗店) [会場MAP&タイムテーブル]

昭和30年代を中心に「懐かしの映像」をエンドレスで上映します。その時代を知っている人はもちろん、知らない人にもなぜかなつかしいモノクロ映像。お酒や飲み物片手に、ノスタルジィが満喫できます。子供だった頃の思い出に浸ってみてはいかがでしょうか。

■9/23・24・25 10:00〜
■元町サンロード内(元田口種苗店) [会場MAP&タイムテーブル]

 
LinkIconHOME
 
HOME > 映画上映イベント

LinkIcon画面トップ LinkIconサイトポリシー LinkIconお問い合わせ LinkIcon米子映画事変実行委員会 LinkIcon協賛企業・団体